キャンピングトレーラー改造4

キャンピングトレーラーには100Vのコンセントがいくつかあります。
外部電源(100V)を接続した場合に使えるコンセントがギャレーの上と
20141116_1
入り口の右。
20141116_2
バッテリーからインバーター経由で使えるコンセントがフロントダイネットの足元。
20141116_3
外部電源の時とバッテリーの時と使えるコンセントが違うのは面倒なのと、何よりバッテリーの時にコンセントが1カ所というのが不便なので、共通に使えて自動で切り替わるようにしました。
まず、コンセントへの配線を探しました。外部充電の配線をたどるとキッチン下のココが怪しい。
20141116_4
開けてみると…
20141116_5
当たり!
ココの配線を調べると…こんな感じになっているようです。
20141116_13
切り替えにはコンタクタを使う事にしました。
配線はこんな感じ。
20141116_12
フロントダイネット下からキッチン下までの通線が一杯でVVF1本通すのがやっとだったので、フロントダイネット下のコンセントは外部電源時は通電しない様にしました。
とりあえず、インバーターからの100Vを分けます。
20141116_6
そして、配電盤から外部電源ブレーカー、ギャレーの上、入り口の右から配線を取ります。
20141116_7
配線変更後はこんな感じ。
20141116_14
そして、100V-230Vトランスの隣にコンタクタを付けました。
20141116_8
ついでにキッチン下に電子レンジなどのコンセントも増設。
20141116_9
前回改造した台には、今回、トランスの熱を逃がす空気穴を追加しました。
20141116_10
そして、設置完了。
20141116_11
電子レンジの電源の他に2口コンセントができました。
これで、バッテリー時には全ての100Vコンセントからインバーター経由の電源が取れますし、外部100V接続時には従来のコンセントに加え新設のキッチン下のコンセントが自動で切り替わり外部100Vが使用できる様になりました。
チョットした事ですが、とても便利になりそうです。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

今度の日曜日は犬祭!