DNA検査をしました。

久しぶりに犬舎の犬たちのDNA検査をしました。
以前のブログやコンテンツの「PRCD-PRAとは…」にも書いてありますが、PRCD-PRA(進行性杆体錐体変性/進行性網膜萎縮症)はトイプードルや、ミニチュアダックスフンドなどに多い遺伝性の眼の病気です。
当犬舎のアヴァンくんリアンちゃんは、GTG(ジェネリック・テクノロジーズ)というオーストラリア最大のDNA検査機関で検査済みで「クリア」の判定を頂いております。クリア同士の交配ですので、子犬達も全員「クリア」ですし交配のお相手もチャンピオン犬ばかりですので、当然「クリア」ではあるのですが、手元に証明書が無いため、今回、改めて検査を行いました。
今回、検査をお願いしたのは、【Pontely】さんです。
Webにて申し込みをしますと…

こんな検査キットが送られてきます。
今回は、シュシュちゃん、アロンくん、ダンディくん、ブランちゃんの4頭分お願いしました。

このケースに入った綿棒で、口の中(頬の内側)をこすって粘膜を採取し、返信用封筒で送ります。
解析は、ペット遺伝子解析に実績がある「アニコム先進医療研究所株式会社」さんで行われ、約2週間で検査結果がでます。

Web上で確認が出来る他、こんな検査結果証も送られてきます。
今回の【Pontely】さんの検査では4頭とも「クリア」の判定を頂きました。(当たり前なのですが…笑)これで当犬舎の8頭全ての「クリア」の証明が手元で出来ますので、ご安心下さい。
余談ですが…飼い主さんもDNA検査をしてみました(汗)
GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)」という検査キットで、がんや七大生活習慣病などの疾患リスクから、肥満タイプ、肌タイプなどの身体的特徴、Y 染色体ハプログループ(Y染色体をもつ男性のみ)まで約360 の検査項目を解析してくれるそうです。

送られてきた検査キットですが、写真の真ん中の容器で唾液を採取して送ります。検査終了後Webで検査結果を見ることが出来ます。
飼い主さんは…検査項目が沢山あって、まだ全部見きれていません(汗)



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA