PRCD/PRA(進行性杆体錐体変性/進行性網膜萎縮症)について

 トイプードルに多い進行性網膜萎縮症(PRA)の多くは進行性杆体錐体変性(PRCD)で、目の光受容体(杆体と錐体)の進行性の変性です。網膜剥離の原因となり失明に至る大変怖い遺伝性疾患です。発症してしまうと、現在の獣医学では完治は不可能と言われています。(汗)しかし、遺伝子検査(DNA検査)で状態を把握することが出来ます。アヴァンくんとリアンちゃんは両方「クリア」なので、子犬達も全員「クリア」です!

詳しくはコンテンツをご覧下さい。

20120705_1

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA