キャンピングカー(Interior 1)より続く)

車内から見るとこんな感じで、2段ベットの上側はマットレスを重ねて、ベッドを縮める事が出来ます。

ベッドスペースの壁面にラダーが付いていて、上段のベッドを使う時には、こんな感じで使います。

下のベットのマットレスを外すと、車体の左右部はベンチのようになっています。

右側には 100Lの給水タンクと収納スペースになっています。この給水タンクの蓋はメンテナンス用で、通常の給水は外の吸水口から給水します。(キャンピングカー(exterior)参照

左側には 5kgのLPGボンベが2本と収納スペースになっています。
TWIN PLUS 600 SPB FAMILY では、キッチンのコンロとボイラー(8L)で使用します。

スペースを無駄にしないように、あちこちに収納スペースがあります。

ダイネットのベンチシートの下はギッシリ(汗)
サブバッテリー(12V 20時間率容量105Ahのディープサイクルバッテリーが2つ)、トランスやバッテリーチャージャー、100V正弦波インバーターなどが収納されています。

スライドドア(エントランス)の上部にはコントロールパネルがまとめられています。
左からメインバッテリー・サブバッテリーの電圧、給水タンク・排水タンクの水量のインジケーターとメインスイッチ、その隣が暖房(軽油)とボイラー(LPG)のコントローラー、一番右が 100Vインバーターのスイッチです。
最後に TWIN PLUS 600 SPB FAMILY を選んだ理由ですが、

うちの子達のスペースの関係です(汗)
下のベットは潔く撤収し、左右に4個ずつキャリーを設置しています。
これで、うちの子8頭はここで、私は上のベットで休むことができます(笑)